生命分子が働く場である細胞環境は、多種類の分子が高過密に充填されそれらが協調して働く動的な環境です。本研究チームでは、この細胞環境におけるタンパク質など生体分子の動的な振る舞いを主にNMR法を用いて解析して、生きた細胞におけるイベントを原子分解能で解明します。解析のための試料調製、安定同位体標識、NMR測定、およびNMRデータ解析における技術の開発・高度化も行います。また、当センターの生命モデリングコアの研究室との連携により、生体分子の動的な振る舞いに基づいた細胞動態の解明・モデル化に貢献します。

 

D. Sci. Kigawa
チームリーダー
木川 隆則 (D. Sci.)

研究テーマ

 

 
  • NMR法を用いた細胞環境および細胞再現環境における生体分子の解析

  • 情報科学手法を活用したNMR測定・解析技術の開発

  • 無細胞タンパク質合成技術を用いた安定同位体標識技術の開発